出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試読できる出版社

最近、立ち読みBookを見ていると、
本を刊行しても、試読可(立ち読み可能)の本もあれば
そうでないものもあることに気づく。

Amazonの「この本の中身を閲覧する」があるかないか
ぐらいだろうと思っていたが、
文藝春秋社は
 

体制維新――大阪都体制維新――大阪都
(2011/11/01)
橋下 徹・堺屋 太一

商品詳細を見る


などで
「立ち読みできます」
というページを作っている。

ダイヤモンド社も、
2013年 大暴落後の日本経済2013年 大暴落後の日本経済
(2011/11/11)
中原 圭介

商品詳細を見る

では、
2013年 大暴落後の日本経済 立ち読み
などなど。

このほかにも
新潮社、メディアファクトリーなどが
独自に立ち読みを許している。

漫画ならソク読み
というサイトがあるくらいだ。

努力しないととりのこされてしまう。








気になっていた旅行系WEBサービスを比較してみた【鈴木まなみ】
ー韓国映画ー
「DVDコピー・バックアップ小技全集」はDVDのコピー方法を解説するサイトです。

【200本限定特価】クレジットカード決済の簡単導入システム「ペイメントES」PayPal(ペイパル)機能拡張!
Paypal販売システム 7DS
Google Analyticsでリアルタイム分析が可能に
年収100万円以下のパートがどういう人か分かっていて書かない人たち
たかみなのちょっと良い話がちょっとどころじゃなくて泣ける…
【スマホ】月額3000円!!スマートフォンに「価格破壊」!!「IDEOS(イデオス)」の革命
今年はWebサービスを作りたいと思っている人にお勧めのエントリーまとめ
2011年09月05日~2011年09月11日のBOOK(総合)(2011年09月19日付)
ネタバレにマイナスの効果はなし 研究で明らかに
DeNA_国内のアプリマーケティング手法、各プレイヤー、状況のまとめ
amaran
21世紀活字文化プロジェクト/第18回「読書は遊びである~恋愛小説編」

にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト

出版社の 金回りのことは編集者にはわからない。売れる本を作っても”経営”としてはいいことなどない

出版大手10社中8社が減収に 「出版・取次・書店総倒れ」 
帝国データバンク調査
という記事が
Yahoo!にでていた。
けれど、
出版社の 金回り
のことは 編集者にはわからない

売れる本を作っても”経営”としてはいいことなどない

しかも そのことを 編集者はわからない。



かかわったことはないけれど、女性・マンガ雑誌の出版
を軸にしたほうのが金回りは良くなるように思う。

資金繰りがよくてお金があまっているから、黒字
ということはない。
黒字経営をしても、資金繰りが悪ければつぶれることがある。





出版社
資金繰り改善 から 
黒字 を目指すのがスジ


であって

それしか 倒産しない 方法はないと思う。

でもね、こんなことわかっているの
出版社の経理の人と社長だけ

もっとも

それさえわからない社長もいるけどね





出版大手10社中8社が減収に 「出版・取次・書店総倒れ」 帝国データバンク調査


こんな時代の人生、生きるってことを、効率化をからめてライフハックでまとめてみましょ
米国には博士号持ってる清掃作業員が5000人いる 大学院がブラック企業に
人間の創造性は、「不幸」となんらかの関係があるようだ・起業で成功する奴らの法則っぽいもの。 かねがなきゃはじまらない・あきらめましょう、おの世の中を、あなたの人生を。というネガティブな結論


21世紀活字文化プロジェクト/第18回「読書は遊びである~恋愛小説編」

Amazon70%印税ルールの各条項を深読みする
ただ漫然と読むだけでは効果ナシ、自己啓発書やブログを読む時の心構え
OLの3人に1人が「専業主婦になりたい」


にほんブログ村 本ブログへ






amaran

ブックマーク












さすがに強いダイヤモンド社、最近気になる技術評論社

最近、出版社が変わってきた。
電子書籍が出ようがでまいが、
Amazonアマゾンは生き残るし
どちらでも対応できる。

でも出版社
まがりかどにきている。

出版戦略などというより本を出版するということで儲かるのは難しくなり
ビジネスのあり方も考え直さないといけない状態になっている。

そんななかで、
ダイヤモンド社は集客力を武器にがんばっていて、
技術評論社は良い題材を武器にがんばっている。

そのがんばりが 出版という構造的な欠陥のあるビジネス
本・書籍というをもう一度真剣にみなおすことで
変えられるか?
みものである。

ちなみにダイヤモンド社
技術評論社の良いと思う書籍をここに紹介。




もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る


ゲームデザイン脳 ―桝田省治の発想とワザ― (ThinkMap)ゲームデザイン脳 ―桝田省治の発想とワザ― (ThinkMap)
(2010/03/12)
桝田 省治

商品詳細を見る


「最速」SEO ~たった28日で上位表示する驚速ビジネスサイト構築術~「最速」SEO ~たった28日で上位表示する驚速ビジネスサイト構築術~
(2010/03/06)
芳川 充

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログへ





21世紀活字文化プロジェクト

本好き同士のつながりをひたすら追い求める本魂!

ランキングの時間変化の解析 - (非理系の)作家先生のための説明
アマゾンの謎 ~その3 カスタマーレビューを鵜呑みにするな!
れあるこんさるてぃんぐ・企業の再生
ブクログ - web本棚サービス
amaran
ブックマーク













このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。