出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロのAmazonランキング操作のしかた

Amazonキャンペーン といって
数日間集中的にAmazonランキングを上げるために
Amazonから、その期間中に購入したお客様に
音声データや貴重な情報のデータなどの特典をつけ
その期間中だけランキングをあげるという手法がよく使われる。

要するに
1ヶ月で売れる冊数を、特典をえさにして
数日間で売り切るのだ。

1ヶ月で売れる総冊数が4000部だとすると,
この2-3割が特定の数日間に集中、しかもAmazonに集中するから
いっきょにAmazonランキングは上がるが、
他のランキングサイトではまったく売れていないという状態になる。

このAmazonキャンペーン、プロがやると
きまって「数日間」が「2日間」となる。


しかも、2日間 目いっぱい使わないのだ。
売れ行きしだいですこしキャンペーン期間をのばしたりする。

これによるトータルの販売部数はじつは
こんなことをやろうとやるまいと
たいして変わらないのだが、
始めての出版の場合は数倍の売れ方の開きが出る。

かくしてここ数日間
プロによるAmazonキャンペーンが展開されて、
目標値を達成するためにその期間を12時間延ばすというじたいが
発生している。

下記キャプチャーがそうだけれど、

プロも実際はAmazonのランキングのアルゴリズムを知らないのではないかと
最近思い始めた。
それを知っていれば、もうすこし別のやり方になるはずだからだ。


プロによるAmazonキャンペーン
Amazonキャンペーン、プロ



当初のAmazonキャンペーン期間

3.gif


変更後のAmazonキャンペーン期間


4.gif

ちなみに 楽天のランキングではこんな感じ


ちょっと考え方を変えるだけで
誰でも1億円貯められる
わけはないのだが、
みなさん Amazonランキング期間中に買ってあげてください。

プロによるアマゾンキャンペーン ここから
プロによるアマゾンキャンペーン

ちょっと考え方を変えるだけでだれでも1億円貯められるちょっと考え方を変えるだけでだれでも1億円貯められる
(2013/09/19)
土肥 悠樹

商品詳細を見る



スポンサーサイト

Amazonアマゾンキャンペーンは、仕掛人を儲けさせるだけなのに、懲りない人がまた・・・。

Amazonアマゾンキャンペーンは、仕掛人を儲けさせるだけなのに
また、懲りない著者が・・・

Amazonアマゾンキャンペーンで 本当に 売れました
という本は ここ 1年ないのですよ!!!


1年以上前ならかなりあったのにね。

とはいっても、
この著者も 始めての出版なんで、うまく
仕掛け人に
してやられただけのようですが。。

誰か?どの本か?って。
まあ、特定しないほうがいいでしょう。

このあいだのAmazonキャンペーンでは
Amazonランキング上位を維持し、自社の
宣伝につかいため著者自らが50万円
Amazonギフト券を購入、人をとうして自分買いされた方もいたけれど・・・。

さて、

今回のみんなでいい本だと褒めあう
Amazonアマゾンキャンペーンでは

お決まりのように
カスタマーレビュー ☆5つしかない状況
どうして、最高評価ばかりつけるのか?
いつも言っているのに、みなさん懲りない様子。

まず☆5つしかない評価は
釣りですから。

そんなわけで
読んでみたら
やはりくだらない本だった。





【電気機器】電子書籍、先行き“読めず” 専用端末・コンテンツが伸び悩み[11/06/22]
やっと気付いた「AKBに電通が絡んでる」ではなく「AKBの正体が電通」な件 その69
今年はWebサービスを作りたいと思っている人にお勧めのエントリーまとめ
A4 1枚で「いま、やるべきこと」に気づく なかづか日報
「日本中枢の崩壊」
DeNA_国内のアプリマーケティング手法、各プレイヤー、状況のまとめ
21世紀活字文化プロジェクト/第18回「読書は遊びである~恋愛小説編」

にほんブログ村 本ブログへ



amaran

ブックマーク













Amazonランキング1位も最初からわかっている(?)この本のアマゾンキャンペーンにはたいそうご立腹な・・・。

この本のAmazonアマゾンキャンペーンには、たいそうご立腹な方がいるらしい。

せっかくAmazonさんにも、当ブログをご覧いただいたことなんだから書いちゃおう。

まず、そのお方は
フランチャイズ地獄からの脱出 藤原義塾からの報告書

この記事
で、6月16日の日経の朝刊1面書籍広告の写真がある。
そこには、なに? Amazon1位の文字が!!
広告枠買うのも少し前から始まっているんだから
かんぐると、Amazon1位とれるの最初からわかっていたの?

6月9日午前中はランキング千位台で、
6月9日14時も圏外、300位にもはってなかったけれど、
6月9日15時 で突然1位!!


Amazonアマゾンキャンペーンをしたから・・・という理由も成立
でも、少しふにおちない。でもなにかをしたとは思えないし。



この本の発売日は6月14日、
そして、Amazonアマゾンキャンペーン期間は2011-06-09 0:00 ~ 2011-06-10 23:59

Amazon納品が12日か13日
とすると、
あきらかにアマゾンキャンペーン期間中は、ランキング1位を獲得しても
キャンセル可能。
キャンセルすると返金されます、当然ながら。

つまり、おカネをかけずにランキング1位可能。

この本でそんなことをやっているかどうかは知りませんし、たぶん
良心的にプロモーションしているだろうけど、
どうやらAmazon内部はここのところ動いているよう。(まあ、類推だけどね)

かくして、1位よりダウンはあるものの
上位を維持したまま発売開始。つられて買う人がたくさん。

途中ランキング100位より落ちたため買い支えの場面も見られたけれど、
これも偶然、落ちたところを一定時間の間に不特定多数の方が
たまたま購入したのでしょう。

ーこのときにみずから買うのだよ。だから、Amazonアマゾンキャンペーン期間中は、寝ないでランキングを
見ていなければいけないー
・・・とおカネを払ってコンサルタントを受けた方に
ないしょ(?)で教えるAmazonランキング操作コンサルタントの先生もいらっしゃって、

教えどおりのことを、この著者またはそのブレーンの方がやってらっしゃるように
もみえてしまう。

実際はどうか知らないし、本の出来は良心的にていねいに作ってあるのに、
そんなふうに見えるのは損です。


株のシテみたいで、おもしろいけれどね


ところで、

その本のタイトル+キャンペーンとか、
その本のタイトル+ 1位
とか、その他いくつかのパターンがあるけれど、
それでググルと
計画的Amazonランキング上昇計画に参加されているみなさんと
そのご指導をされた偉い先生が誰かが抽出されます。



出来はよい本でていねいに作ってあります。
比較的、大型書店においてないので、たぶんAmazonでしか購入しづらいだろうけれど。

それでもフランチャイズを選びなさい―失敗しないための独立・起業77の法則それでもフランチャイズを選びなさい―失敗しないための独立・起業77の法則
(2011/06/14)
丸山 忠

商品詳細を見る





日本文化との出逢いが僕の人生を変えた理由
家は40代で買いなさい
21世紀活字文化プロジェクト/第18回「読書は遊びである~恋愛小説編」

にほんブログ村 本ブログへ



amaran

ブックマーク












このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。