出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出版社にとって”新人”の意味

を書いて有名になろう」なんていう類の
を読むと、ビジネス書を書いたら、
ビジネス書に強い出版社に送ろう
・・・なんて書いてある。

そして、それを信じて出版社を決めたとすれば
「100%、そのは、ひのめを見ない」

新人には別のやりかたがある。

ビジネス書だったら、ダイヤモンド社?
やわらか系のビジネス書だったら、フォレスト出版

しかし、そこにもちこんだとしても
その出版社のやりかたに翻弄される。

さらに悪いことに出版社は作者を翻弄していることに
きづいていない。

新人なら、作りを一から学べる出版社がいいと思う。
そして、出版社への売り込みは決して得策ではない。
編集者にしてみれば
「売り込み=駄作」というイメージが定着している。

当に売れそうなを書ける新人なら、
ブログを続けていれば、本物であればかなりの確率で
出版社からお声がかかる。

げんにガブは少ないけれど何人かの新人
ブログから声がかかり、
出版社につながっているのを知っている。

そして、基本は専門知識だけではだめということ。
新人ならもとからふぁんがつきやすい
キャラクターがなければ!

スポンサーサイト

いい本と売れる本

いい本と売れた本は明らかに違う。

いい本はAmazonでユーズド商品にでても数も少なく、
値段も高いが、
単に売れただけの本はAmazonでユーズド商品にたくさん
それこそ数百でている。

郷 ひろみ氏が幻冬舎から出版した
「ダディ」は初版50万部だったが、
案の定話題とマッチして売れた。

だけど、現在その本は Amazonでユーズド商品に
200を超える数で
ならんでいる。

編集者にとって本ってなんなんだろう?

売れる本をプロデュースすると・・・

売れる本をプロデュースするとなると、
新人作家は除外される。
ビジネスでも、文学でもそれは同じ。

「バカの壁」も「さお竹や・・・」も
けっして新人ではない。
だけど、新人が売れないのか?というと、
そうじゃない。

もっと、売れてもいい新人は、
出版社が書店対策や
マスコミ対策、広告で力をいれない」
というだけで、つぶされている。

だから、結局、売れる冊数のわかっている
既存の先生方にお願いすることと
なる。

だいたい作家を育てていくという
ことを考えていない出版社がいまだに多いのも事実。

サンマーク出版のように、思い切って
編集者に売れ行きに応じて数百万~一千万円超える(?)
ボーナスを出すなーんてこともいいと思う。

んん 納得。
でもガブは現在編集者ではありませんからね。

友人のliveinhills氏のビジネスの本が、あと少しで出版される

友人のliveinhills氏のが、11月10日、屋に並ぶ。
どんな反響があるだろうか?

とても興味深い出版だ。

章立てとか、あらすじとか、サンプル
すでに、2-3回読んだので
知っているけれど、
内容の充実しただと思う。

どちらかというと、
ビジネス書でいえば、

会社にお金が残らない本当の理由 会社にお金が残らない本当の理由
岡本 吏郎 (2003/12/10)
フォレスト出版

この商品の詳細を見る

とか、
なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学 なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学
小堺 桂悦郎 (2006/05/20)
フォレスト出版

この商品の詳細を見る


とか、
あなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむ あなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむ
神田 昌典 (1999/12)
フォレスト出版

この商品の詳細を見る


に、近い内容だけれど、
これらの本との最大の違いは、

「儲ければ金持ちになれる」という常識をくつがえし、
財務からビジネスモデルを作ると、スゴイことができる・・・
という可能性を示したこと。

そして、「金持ちになれるのは金持ちだけ」という
常識をうちやぶる、おそらく唯一の方法を教えてく
れることにあると思う。

ずーーっと赤字でも大金持ちになった企業の話や、
返さないことが前提の借金の話や、
売上増強が会社を弱くした話は、じっさいにあった(?)話で、
おもしろい。

私にはわからないITや会計や融資やビジネスモデルの話も
わかったような気がする。

それにもまして、彼の文章は人をひきつける何か?
をもっている。

「タイトルが決まらなくて・・・」といっていたけど、
もう決まったのだろうか?






該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。