出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資・FXの本

わたし、かわいいお金を海外投資でふやしました。―銀座ホステスの華麗なる資産形成術わたし、かわいいお金を海外投資でふやしました。―銀座ホステスの華麗なる資産形成術
(2004/08)
浅川 夏樹

商品詳細を見る




FXの教科書FXの教科書
(2008/03/01)
松田 哲

商品詳細を見る



投資の本など縁がないのが本当のところ、
でもこの2冊は読みやすかった。








株式売買トレーナー カブトレ!NEXT株式売買トレーナー カブトレ!NEXT
(2007/11/29)
Nintendo DS

商品詳細を見る

スポンサーサイト

一瞬で人生が変わる!「自分のルール」の作り方

一瞬で人生が変わる!「自分のルール」の作り方  ~ハワイ在住No.1コーチが教えるワークライフバランス25の方法~一瞬で人生が変わる!「自分のルール」の作り方 ~ハワイ在住No.1コーチが教えるワークライフバランス25の方法~
(2008/05/21)
マーク・M・ムネヨシ

商品詳細を見る


一瞬で人生が変わるわけないのに、このタイトル。
フォレストさんらしい。


AMAZON対策はもちろんのこと、
マーケティング全般まで気合いが入っている。

すばらしい。


ところで、amazonでは何位?

2位でした。

フォレストさん
偉大です。

「できる人」の仕事術&目標達成テクニック~なぜか、「人生が思い通りになる人」の技術と習慣~CD付"

「できる人」の仕事術&目標達成テクニック~なぜか、「人生が思い通りになる人」の技術と習慣~CD付「できる人」の仕事術&目標達成テクニック~なぜか、「人生が思い通りになる人」の技術と習慣~CD付
(2008/05/13)
箱田忠昭

商品詳細を見る


フォレストさんの一押し本。
さすがに売れている。

フォレスト出版さんはビジネスそのものより
この手の路線を進め始めた。

さすがに売り方は上手い!

amazonで2位だったけれど、
これからどう推移していくのか?
興味深い。








「22年前発行の本が突然メチャ売れしている」という。でも、本当の仕掛けは何?




「22年前発行の本が突然メチャ売れしている」という。

でも、本当の仕掛けは何?

「“もっと若い時に読んでいれば…”そう思わずにはいられませんでした」と
記した帯で、
一年余りで約30万部を増刷、累計で46万部となったらしい。

外山滋比古氏の『思考の整理学』(ちくま文庫
の噂は
少し前から知っていたけれど、
まさか30万部超えとは予想だにしなかった。

文庫だからなせる技でも、この増刷部数は尋常ではない。
5万部売れれば大ヒットの時代なのだから。

もちろん
このニュースが、売上につながる。
そうするとさらに売れる。


もちろん、帯だけで売れてるわけじゃあない。
じゃあ、誰がこの販売促進ストーリーを考えて設計したのか?


いがいと、身近な人が仕掛け人だったりするから
この業界はあなどれない。

経済は感情で動く

経済は感情で動く―― はじめての行動経済学経済は感情で動く―― はじめての行動経済学
(2008/04/17)
マッテオ モッテルリーニ

商品詳細を見る


紀伊国屋一押しのこの書籍。

「経済は感情で動く」

相場も動く「感情」について
書かれている書籍、おもしろい。

紀伊国屋さんの実力発揮、amazon上位たっせいです。

投資、FXにも効く一書。



すごくおもしろそうなFXのpdfを発見、その名前からして興味深い。







数学の本をどう売るか?

確率的発想法~数学を日常に活かす確率的発想法~数学を日常に活かす
(2004/02/29)
小島 寛之

商品詳細を見る


数学は売れない。
でも、たぶん切り口を変えれば
それが思い込みであることにきづく。

たとえば、恋愛が成功する方法を確率的につくるのは?
とか、
競馬をあてる確率の法則とか、
、、、。

そういえば、「ラスベガスをぶっつぶせ」
というMIT(マサチューセッツ工科大学)の学生ベンが、
30万ドルという学費を捻出できず、困った末に、
そのずば抜けた数学センスで、ラスベガスで一攫千金を狙うという
映画も公開されるようです。


数学だけじゃなくて、他の一件退屈な分野の
切り口、章建てで売れ筋に育てられていく。




自己啓発でもこのての本は”売り方次第”で売れる。

ビジネス書に比べれば、
自己啓発ののほうが売りやすいかもしれない。

もちろん、ニュースな人が書けば別だけれど、
そうでなくても、
なんとかなる。


たとえば、NLPコーチング
この分野、意外な出版社が参戦している
秀和システムさんとかなんだけれど、
じっさい「え!」と思ってしまう。


内容はほぼどれも同じ。
だから切り口、構成、章だて
の勝負になる。

この分野でとびぬけた
存在のは、
たぶんこれだと思う。

中経出版さんはそこらへんは、そつなくこなす。
資金量もあるしね。

どう?買いたくなりましたか?このを。

苦手意識は捨てられる NLP脳トレーニング苦手意識は捨てられる NLP脳トレーニング
(2005/12/19)
和比己

商品詳細を見る

とってもわかりやすい中学国語の教室

とってもわかりやすい中学国語の教室とってもわかりやすい中学国語の教室
(2007/12/13)
中学国語の教室研究会、清見克明 他

商品詳細を見る


旺文社が12月に出したが売れている。
中学のこくごをていねいにひもといてくれる。

こういうベストセラーになるようになったわけだけれど、
紀伊国屋さん、丸善さんあたりの実売部数がちょっと気になる。

フォレストの新しい風、「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方

「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方
(2008/04/05)
田中ウルヴェ京

商品詳細を見る


フォレスト出版の新しい風、とてもさわやかで
応援したくなります。
と、いわなくてもAMAZONでは上位に来てるし、
フォレストさんはamazonの使い方も絶妙にうまい。

女性作者からベストセラーがでてほしいと思うこのごろです。








人を見る目がない人、、、たぶん植木理恵さんのターニングポイント的作品

人を見る目がない人―なぜ人は人を見誤るのか? (セオリーBOOKS)人を見る目がない人―なぜ人は人を見誤るのか? (セオリーBOOKS)
(2008/04)
植木 理恵

商品詳細を見る


「人を見る目がない人」は、たぶん植木理恵さんの
ターニングポイント的作品だと思う。

講談社から出た本だが、この本はあきらかに
「売る」ことを前提に書かれて心理の本だ。

確かにいい内容だ。

植木理恵さんが本気で「売る」ことと向き合ったというのが
本からわかる。

ビジネス系や心理系、自己啓発系の作家でさえ
ダメなのは 文体なのだけれど、
それでもこの本は、多少だが、
そこを意識して書かれている。

しかし4月に出た本だけど、書店対策はこれからなのだろうか?
近くの大手書店に行ってみてそう思った。


一読してみてください。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。