出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

46刷り、経済は感情で動く

経済は感情で動く―― はじめての行動経済学経済は感情で動く―― はじめての行動経済学
(2008/04/17)
マッテオ モッテルリーニ

商品詳細を見る

紀伊国屋が
戦略的に出した本。
46刷りにもなっている。

増刷は2-3千づつが原則だから、
10万部いっているかもしれない。

内容もいいと思う。

スポンサーサイト

このてのサイエンス本の売り方はどうするのだろう?

元素周期 萌えて覚える化学の基本元素周期 萌えて覚える化学の基本
(2008/11/01)
スタジオハードデラックス

商品詳細を見る


いくら、PHP出版といっても、
萌え系の工夫がされているといっても、
どうしてここまで売れるんだろう?

11月の新刊なのに!

あの出版社向け・書店向けの雑誌にだしていたんだとしたら
見落としていた。
でも、amazonでベストテンなんだから、WEBの仕掛けがあるのだろう?

誰か知っている人いたらおしえてほしい?

2010年資本主義大爆裂!―緊急!近未来10の予測

2010年資本主義大爆裂!―緊急!近未来10の予測2010年資本主義大爆裂!―緊急!近未来10の予測
(2008/02)
ラビ・バトラ

商品詳細を見る

2010年資本主義大爆裂!―緊急!近未来10の予測
わかりやすい。予言だから根拠に?を感じるのはしょうがない。
でも読める一冊であることにかわりはない。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。