出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ならず者の経済学

ならず者の経済学 世界を大恐慌にひきずり込んだのは誰かならず者の経済学 世界を大恐慌にひきずり込んだのは誰か
(2008/11/19)
ロレッタ・ナポレオーニ

商品詳細を見る


思ったほどのびていない。
もっと売れると思うんだけどな。

スポンサーサイト

これ、売れると思うかい?幻冬舎さん。

はじめは中古のBMWに乗りなさい リスクを取る貯蓄・投資が人生を豊かにするはじめは中古のBMWに乗りなさい リスクを取る貯蓄・投資が人生を豊かにする
(2008/12/11)
小堺桂悦郎

商品詳細を見る


こういうことを書くから、嫌われるんだね?わたくしは。

この本、タイトルから分かるように小堺桂悦郎さんの本、
じゃあ、フォレストだねと思ったら、、幻冬舎さん。

どういう因果でこの出版になったのか?
企画は出版社側ですね。
きびしいところだから・・・あそこは。

で、会議でどう説いたのか。

力をいれているようなので、
お手並み拝見です。

世界恐慌を生き抜く経済学

世界恐慌を生き抜く経済学(Mainichi Business Books) (毎日ビジネス・ブックス)世界恐慌を生き抜く経済学(Mainichi Business Books) (毎日ビジネス・ブックス)
(2008/11/20)
エコノミスト編集部

商品詳細を見る


複数作者の本としてはおもしろかった。
もっと力を入れて売ってほしいな。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。