出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説における芥川賞的なもの、直木賞的なもの、そして、その他

ちょっとばかり、テーマとは はずれるかな?

まあ、いいや、見切り発車で行ってしまおう。

三崎亜記という作家がいる。

独特な作品を描き出す作家だ。彼の作品を
小説 とは言わない。

なぜ? って言えば 私小説ではないからだ (すげー傲慢な言い方っすね)

ガブはこの作家の最近の作品を興味深く
読んでいる。

おもしろい!!

『となり町戦争』で第17回小説すばる新人賞受賞
その後何度か直木賞候補になる。

それでも直木賞がとれないのは
おしいかな、彼の作品が
直木賞的なものと 芥川賞的なもの
があり、

片方に偏ると、偏ったほうの絶対条件に満たないという
不遇な作品作りをしていることにあるからだ。


なに? わからない。

わからない方は切り捨てゴメンネ


さて、次に

「男の名は、xxで、xx歳で…」なんて
説明だらけの
書き出しで始まる作家さんの小説
ある。もちろんそれは その他 にあたる。


直木賞的なものも 芥川賞的なもの
無縁な小説、しかも 
『もう書くのをやめたら』レベルの本だ。

その他 だからといっても
まれに おもしろいものもある。

次に


湊 かなえ という作家も興味深い
。文章は学んでうまくなったタイプで
実際『告白』
はめちゃくちゃ売れたし、おもしろい。

それでも 彼女の作品は

直木賞的なもの 芥川賞的なもの
の必要条件に満たない。
たとえば、
『告白』
は テーマ、構成技法は
芥川賞的。物語は直木賞的。
そして物語の最後のほうは破たんしている。

と、
いうわけで必要絶対条件を満たさないと
芥川賞、直木賞は圏内にはいらないよというわけ。

ところで

最近芸能人の小説ぽいものが発売されている

この芸能人著作の 2作は はたしてどれに該当するのだろうか?


文明の子By太田 光
立ち読みbookで、Amazonランキング推移

文明の子文明の子
(2012/01/20)
太田 光

商品詳細を見る



ピンクとグレー
by加藤 シゲアキ
立ち読みbookで、Amazonランキング推移
ピンクとグレーピンクとグレー
(2012/01/28)
加藤 シゲアキ

商品詳細を見る


じゃ

ーーーーー

鼓笛隊の襲来 (集英社文庫)鼓笛隊の襲来 (集英社文庫)
(2011/02/18)
三崎 亜記

商品詳細を見る


告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
(2010/04/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

文学として成立していると小説の作家は、社会や経済が描けない日本の事情

まず、文学として成立していると小説
って何?

と、いうところからスタートね。

ラノベのほとんど、経済小説のほとんど
文学として成立していない

べつに 小説だからって 文学的でなくてもいいのだけれど、

文がコレじゃーーね…というのばかりじゃ

作者のチープな読書経験も推してしるべしになる。

作者が、東大卒でも、MIT卒でも同じ
、だめなものはだめ。Cheapなものはチープ!!

なんだ、英字からカナに変えただけジャンなんて言わないでね。

日本文学じゃないけれど
ソルジェニーツィン
などを読んでみなはれ。

『この不思議な群島へはどうやって行くのか?
そこへが絶え間なく飛行機が飛び

そして私やあなたのようにそこへ死に行く者は、
必ず一つの関門を通らなければならない。
それは逮捕である。』

このうまさ!

これで新潮文庫だと
6巻まで1巻
500ページの分厚さで
迫力!迫力で迫ってくるわけ。

収容所群島 1―1918-1956文学的考察 (新潮文庫 ソ 2-7)収容所群島 1―1918-1956文学的考察 (新潮文庫 ソ 2-7)
(1975/02)
アレクサンドル・ソルジェニーツィン

商品詳細を見る


そんなわけで、いくつかの日本の経済小説とか政治小説とか
を読んでみた。

これがまたチープなんだな。

文体、構成、想像力のどれをとっても
ええええーー おかしいんじゃない
コレがベストセラーになったという小説!!!!!

と思えたりするわけ。あえて作者や小説のタイトルはださないけれどね。


今、日本の文学、芥川賞を受賞するような作家の小説は
ほとんどが、内にこもるもの。

いわゆる 私小説 または 私小説のようなもの

当然、その物語は
ニートの青年が乏しい動きの中で進んでいくとか、

おばあちゃんと二人暮らしで静かに日々が流れていくとか、

おおかたの人には理解不能な領域にまで達している。



当然 芸術的には高いけれど
面白くもなんともないというふうになる。

石原慎太郎氏の辛口批評も
わかります。

そんなわけで、

文学作品を書く小説の作家は、
より内側に入りこむことにより、
社会とは無縁になる。
もちろん、
日本国債の問題も
ユーロ危機も、
彼らには関心外。


こんな↓
芥川賞作品もあったけれど、wikipediaでは『中国民主化勢力の青春と挫折がテーマ』
と書いてあるけれど
どうということはない。

さらっと書いてあるだけ。

そんなもんなのよ。

時が滲む朝 (文春文庫)時が滲む朝 (文春文庫)
(2011/02/10)
楊 逸

商品詳細を見る



文学として
社会や経済が描けない と正直
つまらなくなる。

これらの小説のAmazonアマゾンカスタマーレビューを見ると
そこらへんがわかるのです。


日本国債(上) (講談社文庫)日本国債(上) (講談社文庫)
(2003/11/28)
幸田 真音

商品詳細を見る




>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ついでに、メモ代わりに
面白そうな経済本

世界はマネーに殺される (扶桑社新書)
大恐慌情報の虚(ウソ)と実(マコト)
2013年 大暴落後の日本経済
略奪大国~あなたの貯金が盗まれている!
地獄に落ちる世界経済

どんな作品なら芥川賞がとれるのか?その1 /最近の芥川賞作品に共通するもの

最近の芥川賞作品に共通するものよ

そこを行く方、
ばかばかしいと思わないで
まあ 、聞いてください。


どんな作品なら芥川賞がとれるのか?その1 /最近の芥川賞作品に共通するものなんて、
そんなこと知ってるよなんていわれても、あなた、
実はちゃんと理解していなかったり...

じゃあ
どんな作品なら芥川賞がとれるのか? を説明。

この図なんですが、
コレ 現代芥川賞作家の立ち位置を図にしたもの
そして比較していくうちに いろんな有力作家さんたちも混ぜちゃった。

伊坂幸太郎さんなんか、芥川賞じゃあないけれど、まあいいかということで
説明ね。

この図はの社会性は 社会の中の人間を描いている と理解してもいいかな
独創性は 細かな技法の独創性でなく 物語の作りとかから見たもの

たとえば ここにはいないけれど、
カミュの『異邦人』は人称の使い方が当時のフランス文学としては独創的
だったらしいけれど、この図にあてはめると
独創的でないほうに入っちゃう。

そこで
これを見ていくと
ほとんどの最近の芥川賞作家が

社会性がない 作品を書いて受賞している

これがひとつの傾向と読めるわけ。
つまり
社会性があっては受賞できない
ガーン!

ってどういうこと?

そこを次回は説明ね

ところで

伊坂さんの『ゴールデンスランバー』
書き方を変えてみると
芥川賞的になるのよ

軽いのりを重くして
もっと内面に入った書き方をすれば ね。

じゃ
次回


道化師の蝶道化師の蝶
(2012/01/27)
円城 塔

商品詳細を見る

共喰い共喰い
(2012/01/27)
田中 慎弥

商品詳細を見る

AKB人気の寿命がわかるAmazonランキング指標

この本が 売れている。

指原莉乃1stフォトブック『さしこ』 (講談社 Mook)
Amazonランキング 推移 / 立ち読みbook.comにて

発売日は 2012年1月19日だが、
すでに
Amazonアマゾンランキングでは
12月16日に一位をとっている。

つまり、予約の段階で1位ということだ。

でも、そんなこと 始めから予想できたことなのだ。

AKBの写真集などは
上位メンバーであれば皆同じ
売れ行きパターンを示す。

たとえば、

高橋みなみ1stフォトブック『たかみな』 (講談社MOOK)高橋みなみ1stフォトブック『たかみな』 (講談社MOOK)
(2010/09/22)
高橋 みなみ

商品詳細を見る

であれ、
大島優子写真集 君は、誰のもの?大島優子写真集 君は、誰のもの?
(2010/08/24)
Takeo Dec.

商品詳細を見る

であれ、
前田敦子写真集『あっちゃん』前田敦子写真集『あっちゃん』
(2010/02/25)
前田敦子、Takeo Dec. 他

商品詳細を見る


であれ、それは変わらない。


では どんな売れ行きパターンなのか?

発売日1か月前から売れ始めAmazon10位内キープ
発売日 1位。
そしてじょじょにFadeout

この
指原莉乃1stフォトブック『さしこ』 (講談社 Mook)
もどうやら
同じパターン。

このパターンが崩れるときは
AKB人気が崩壊のときだ。

* このAmazonランキング 推移のパターンが AKB人気の寿命がわかるAmazonランキング指標
なのです。

指原莉乃1stフォトブック『さしこ』 (講談社 Mook)指原莉乃1stフォトブック『さしこ』 (講談社 Mook)
(2012/01/19)
指原莉乃

商品詳細を見る

何だこの下手な文章 文体は!! 3つの作品で読み比べる小説の文体

Amazonアマゾンランキング100位以内に入ってきたこのミステリー
テレビドラマで放映されているらしい。
そんなわけで、
ちょっと気になり読み始めた。

ところが、どうして原作・
小説のほうは読みづらいこと はなはだしい。

なに?これ 小説
文章、どうかしていない?

と感じつつ 

文章のみでの評価 をしちゃおう ということで、

天才・ 秀才・ 凡才の三作品を読み比べてみた。


失礼は承知の上。
あくまでも個人的な感想ゆえお許しを。


まずは、
天才作品、村上龍氏のこの作品の文章
素晴らしい。↓ 
 

3人称で書かれた
たくさんの主人公が出てくる物語。
主人公には北朝鮮軍兵士もいたりして
これを1人称で書くとボロが出ること請け合いなので
3人称を選んだのは大正解。

3人称のほうが下調べがちゃんとしていれば枚数も書けるし、
書いていて作家さんも想像力がほうふつするはず。

そんなわけで、
ー疑問です。大橋がそう言うと、梅津が顔を真っ赤にして、
アメリカと中国がどうしたというんだ、と怒鳴った。ー

なーんて「 」に
会話を入れないでも上巻だけで509ページも書けちゃう。

逆にこれを1人称で書いたら少し安っぽくみえちゃう。
湊さんの『告白』が芥川賞候補作品でないのは
ミステリーという点もあるし、ストーリーの「ムリー」という点*とくに最後とか
があるけれど、1人称と文体のマッチングね

…これが最大の壁になるわけです。

湊さんの『告白』は素晴らしいけれど
最後にいくと なにこれ? になる。

だったら多人数主人公小説は3人称で書いたほうがいい。

村上龍氏のこの作品、3人称だけど 神の目線じゃあないのよ

素晴らしいな

説明も地の文に自然に溶け込んでいるし。

半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫)半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫)
(2007/08)
村上 龍

商品詳細を見る



次に秀才肌の文章はなんといっても
この本↓
青柳さんが主人公。
つまり多人数主人公じゃない。

作家・伊坂さん
設計好き、物語がひとつに収束する。
おちもいい。
ユーモアもあるし。



ゴールデンスランバー (新潮文庫)ゴールデンスランバー (新潮文庫)
(2010/11/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る




最後に、
ゴメンね、

この小説

文章が リズムじゃない

心地よくない。
最初の括弧書きの会話で
失望。

ストロベリーナイト (光文社文庫)ストロベリーナイト (光文社文庫)
(2008/09/09)
誉田 哲也

商品詳細を見る



作家はうまい文章を書こうとしちゃダメ
絶対に!
今の文章力で自然に書いてうまくなければ、作家先生
、その仕事で大成できません。
もっとも ひどい文章
で酷評でもめちゃくちゃ売れている作家さんもいるようですが。

今のレベルで自然にかかなければいけない。
そして書いた文章が
読みづらければ 所詮 そのレベルなのです。

ベストセラーを出していた出版社の没落

今まで
ベストセラーを出していた出版社
最近、その 売れる本をだせなくなりつつある。

出版社にとっての
今までのノウハウ
が通用しなくなりつつあるわけで、
これはとても出版社にとり驚異だ。

たとえば、
顧客のリストを集めて
Amazonアマゾンキャンペーンをすることで有名な
F社の本など最近ランキング上位ではとんとみなくなった。

見事に タイトルだけの釣りで
ベストセラーのように見せることができる
ネット上では その方の名前を入れると
他のキーワードに、 お名前+詐欺
で出てくる方は
ランキング上位にでてくることもあるが、
じつは これも 偽りの釣り
実際は あまり売れていない。


ほんとうに売れるものがでずらくなったともいえる。

でも、出版社は本を売らなければならない。

どうする?

という答えを先にみつけた出版社が生き残るような気がする


あっ
いけね
あけましておめでとうございますだった。



ところで、
この本、面白かった。

中国共産党 支配者たちの秘密の世界中国共産党 支配者たちの秘密の世界
(2011/05/25)
リチャード・マクレガー

商品詳細を見る


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。