出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50万部超の本の売れ方というのは、Amazonランキング推移だとどんなグラフになるのか?

いやー 売れております。

それでもって、直木賞の授賞式後の記者会見に
タミヤのTシャツ、いわゆるタミティーなんか着て登場し
ゴールデンボンバーのファンなどと言ったものだから
テレビに露出する機会が増えて
さらに 売れる


日本では本は話題で売れるから
売り方がうまいともいえる。
今年1月発売で7月17日直木賞前までの発売部数は13,500部

7月17日直木賞発表

7月17日~8月26日でその36倍も売って
累計50万部にもなったという

下世話な話だけど
1470円x500,000部x10%
だととすると
これだけで
7,350万円の印税収入になってしまう。

なんの控除もなければ
3,000万円くらいの税金
になってしまいます。

すごい数字です。

そこで本の50万部超の売れ方というのは
Amazonランキング推移だと、どんなグラフになるのか
見てみた。

立ち読みBook 参照だけれど、
どうやら 立ち読みbookではランキングが15日単位
で分断するしくみらしいので
各グラフを見てください

これがベストセラーアマゾン ランキング推移グラフです。↓ クリック

まずは7月31日~8月29日「ホテルローヤル」 桜木 紫乃 Amazonランキング推移 グラフ

7月17日直木賞発表なので7月18日~7月30日「ホテルローヤル」 桜木 紫乃 Amazonランキング推移 グラフ





ホテルローヤルホテルローヤル
(2013/01/04)
桜木 紫乃

商品詳細を見る

スポンサーサイト

池井戸 潤の売れ方がすごい

TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」の影響らしく
池井戸 潤が売れ続けている。

社会派といってもお堅い内容、
視聴者は
男性に的を絞った内容だというのに
これがすごい視聴率!

そして池井戸 潤の 原作 小説にも
好影響が!

Amazonランキング推移を見るとわかるけれど
すごい売れ方で推移しています。

データは 立ち読みbook から


オレたち花のバブル組 (文春文庫) Amazonランキングデータ推移

オレたち花のバブル組 (文春文庫)オレたち花のバブル組 (文春文庫)
(2010/12/03)
池井戸 潤

商品詳細を見る



オレたちバブル入行組 (文春文庫)Amazonランキングデータ推移
オレたちバブル入行組 (文春文庫)オレたちバブル入行組 (文春文庫)
(2007/12/06)
池井戸 潤

商品詳細を見る


余裕の文化、「ゾンビサバイバルガイド」が売れている

まじめなのか、ふまじめなのか、
そんな感じで妄想をふくらませ
365ページもの本になったのが、コレ

ゾンビサバイバルガイドゾンビサバイバルガイド
(2013/08/07)
マックス・ブルックス

商品詳細を見る


しかも 売れている
今日の 立ち読みbook で Amazonランキング推移参照

Amazonカスタマーレビューも味がある
__引用__
ちょっと前から近所にゾンビが湧いてしまっていたので、中々出かけられず困っていましたが
この本を読んでからは対処方が解ったため、今ではゾンビに苦戦することもなく生存できています。
__引用__

さすが、余裕の文化国 JAPANです。

世界の中のすばらしき日本。ついでに頭の良い国と悪い国、ユーモアのある国と無い国で各国を区別した分布図作ってみたww【海外掲示板】   

世界の中のすばらしき日本と書くと
日本人としてはこそばゆい。

日本人としては「それほどでも ないです」と つい
言ってしまいたくなる。

謙遜こそが美徳なのだ、日本人にとって。


そこで
世界の中の日本ということで
本を読んでみた。

その一冊目がこの本
私のような経済素人にもよくわかる 日本経済の強さを書いたものだ。

JGBの格付に関しては
経済の専門家でも
ソブリンをどうとらえるかで異論はあるだろうが、
JGBの格付けといってしまえば
確かに存在しない。

でも、
すごいなー 日本経済ってー!!!
と感じる本

なぜ日本経済は世界最強と言われるのかなぜ日本経済は世界最強と言われるのか
(2012/09/14)
ぐっちーさん

商品詳細を見る


この本を読み終わって

ネットを見ていたら

 2013年08月03日12:55
海外の反応 / 頭の良い国と悪い国、ユーモアのある国と無い国で各国を区別した分布図作ってみたww【海外掲示板】  
  

が目に付いた。

やっぱりこんな上位に日本があると
こそばゆい。

「それほどでも~」と言いたくなる。

ついでに
これがでてきたんで。
【動画】「韓国の横暴で危機に瀕する日本」を見たタイ人の反応

香港の危機のニュースとともに、それを予見した本が・・。

「香港の民主化運動 習近平氏は流血弾圧さえ辞さない構えか」
というニュースを読んでいて、

そういえば 昔 香港は中国とトラブルという本があったなと思い出し

検索。

この本でした。

とはいっても、内容はどうなんだろう。


1997香港・中国大衝突―返還後の香港に未来はあるのか1997香港・中国大衝突―返還後の香港に未来はあるのか
(1996/02)
石川 羅生、超予測研究会 他

商品詳細を見る

Amazonカスタマーレビューに凹む作家の皆さんたち

Amazonカスタマーレビューに凹む作家の皆さんたちと言っても
ビジネス書から文学まで広くいえることだと思う。

まず 「Amazonカスタマーレビュー★5つ」 しかない 本 なんて
ほとんどが その評価は やらせ、自作自演 だから
度外視することとして、

当たり前のことが書いてあるだの、へたな小説 だの
まったく感情移入できないだの 書かれたら
作家の皆さん、頭に血が上ること間違いない。

もっとも あまり
Amazonカスタマーレビュー の酷評を気にしないと
言う作家先生もおられて、よく聞いてみると
「Amazonカスタマーレビュー」じたいをよくわかっていない
方だったりする。


Amazonカスタマーレビューがたくさん書かれているものほど
よく売れている本で、
マーケットプレイスでの販売価格(要するに古本価格)が
新本の価格と乖離していない本ほど時間がたっても需要があってほしがられる本だというのは
理解できると思うし、事実なのだ。


別にたいしたことない本でも、
何かの理由で
ベストセラーになって、その後はマーケットプレイスで
1円で数百冊も出品される。
これでも、出版社や作家先生は 売れたのだからいいのだが。。

ところで
まだ読んでいないのだが
村上春樹氏の本は新しい本が出るたびに
Amazonカスタマーレビュー
が荒れるようになってきている。
しかもこの本は
この作家の分岐点のようにもおもえるレビューが
書かれている。

一度読んでみてください。

Amazonカスタマーレビュー
は その本以上に面白くなってきているから。

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
(2013/04/12)
村上 春樹

商品詳細を見る



ちなみに

参考までに



さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)
バカの壁 (新潮新書)
お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。