出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ 日本対ギリシャ戦 を完全素人が解説するとエロくて面白い

ワールドカップ 日本対ギリシャ戦 見ていましたか?
なにか創意工夫のないゲームでこれで勝てるのか? と思いましたが、
案の定 引き分けでした。

LIVEで見ているときは 「なんか動きが良くないな」と思いつつ、家に帰って
再び見ると、「けっこう動いてるじゃん。悪くはないね、まあよくもないが・・・」と思ったしだいです。

ところで、
「サッカーをまったく知らない、興味もない妻が、仕事で試合を観られない僕のためにLINEで試合を中継してくれた。」
という記事が妙にエロくて、微妙に面白かったので
一度ごらんいただきたく紹介したしだい。

_____________引用開始ね_____________

「あちらこちらでズザーッ!」

「コラマテーという具合にナガトモさんが球を追いかけてる」

「タマを蹴って入れるんだガチャピン!」

「ムックいないとダメだそうです」

「先生点が欲しいです」 ※ 無駄にエロい。

「ギリシャの人は大きいけどタマの扱いは荒っぽい」 ※真面目に中継してくれ

「オイコラー」

「日本が左右からタマを入れてます」

「なんどタマを入れようとしても入りません」 ※なんかいやらしい。

「先生点のためなら何でもします」 ※無駄にエロい。

_____________以上引用ね_____________

そんなわけで、ぜひぜひご一読ください。

僕は自分が見たことしか信じない 文庫改訂版 (幻冬舎文庫)僕は自分が見たことしか信じない 文庫改訂版 (幻冬舎文庫)
(2013/06/11)
内田 篤人

商品詳細を見る

スポンサーサイト

反韓本、反中本をこきおろすのが韓国人、中国人と一発でわかるカスタマーレビュー

反韓本、反中本がたくさん出版されている。
韓国人に言わせると「日本は後ろから殴る」とか、「韓国が文化を教えなければ
日本はいまだに未開だ」とか「卑怯だ」とかいうが
中には「発展する中国への劣等感があるらしく・・・」というコメントまであって面白い。
でも、まだ、中国人のほうがもう少し合理的、経済的だ。

こんなようなことを書いてもしょうがないが、
フツウの日本人は中国や韓国のことをそこまで気にもしていないし、
お金をもっているとか、優劣でモノゴトを見たりしない。
日本人の価値観は多様なのだよ。

ところで、
反韓本、反中本のAmazonカスタマーレビューでいくつか面白いものを
発見した。
この本↓の★ひとつのレビューなのだが、

どう見てもこれ書いてる人、中国の方だとわかる。
日本、中国、韓国がそれぞれ別の言語でよかったと思ったのです。

_________
以下カスタマーレビュー引用

131 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。


5つ星のうち 1.0 おしえてください。この政策で日本経済が上昇しますか? 2014/4/20

By

形式:単行本(ソフトカバー)


ねっと右翼に選出された安部晋三の実績

1 外国産自動車を日本で販売するため軽自動車の税金をあげる。

2 消費税増税

3 藥をいんたーねっとで販売可能にすることを断念

4 合州國に有利で日本に不利なtppに積極参加

5 舊日本軍が他国民を性奴隷にしたことを今回も謝罪し他国へこの問題を強く印象した。

6 増税で景気後退が加速

7 漫画あにめを規制強化したおかげで文化が衰退。

8 外国からの移民を推奨。現代版外國人強制連行

9 福島県を放射線で土壌を汚染。汚水を東京灣に放水。

無能で無神経な人が指導するとどうなるか。著書は韓國のことではなく自国日本のことを語るべきでしょ。ヽ(・∀・)ノ


引用終わり
_________



売国経済売国経済
(2014/04/16)
渡邉哲也

商品詳細を見る


嫌韓本がやたら売れる

ここのところ、嫌韓本がやたら売れている。
去年からなのだが、さらに拍車がかかっている。

AMAZONランキングにもいくつかかをを出しているくらいだ。

大韓民国の方々の議論は理屈じゃないので
まともに話してもしょうがないけれど、
それでも こういったかたちで韓国を知ろうと
日本人が考えるのは
皮肉なものです。

日本人が書くものと違って面白かったです
コレ

韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)
(2014/05/01)
シンシアリー

商品詳細を見る

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。