出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決算書から「お金持ち会社」の作り方がわかる (アスカビジネス)

決算書から「お金持ち会社」の作り方がわかる (アスカビジネス)決算書から「お金持ち会社」の作り方がわかる (アスカビジネス)
(2009/02/09)
坂田 薫

商品詳細を見る


友人の本なのだけれど、
しばらくしてから読んだ。

そしてこのGWに、また読んでみてこの本の
内容がわかったような気がした。

しかし、このタイトルは
彼のイメージとは違う。

企業再生の専門家だし、
おそらく、タイトルは出版社がつけたもの?
という感じすらする。
本人に聞けば教えてくれるだろうけど
それもあじけない。

それにしても、この本の中でおもしろいのは
プロファイリング かもしれない。
この視線は私みたいな経営とは関係ない人にしてみれば
ないものだ。

ビジネスをお金の面、財務から見る本は
数々あれど、みな理想論ばかり。
利益をあげなさい、、、といったビジネス書を読んでも
無駄なだけだけれど、この本には
「それを実現するにはどうしたらいいか?」が随所にある。


ただ、タイトルづけは
いまひとつくやまれるかな。ごめんね。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。