出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

門田由貴子さんの組織改革のコノ本がよかった。

ザ・チェンジ! ~人と職場がガラリと変わる12週間プログラム~ザ・チェンジ! ~人と職場がガラリと変わる12週間プログラム~
(2009/04/21)
門田由貴子

商品詳細を見る



ザ・チェンジ! ~人と職場がガラリと変わる12週間プログラム
は、門田由貴子さんにとってはじめての本だろう。

フォレスト出版「無料ノウハウ」ページの連載などは
あったものの、
じっくりとフォレストさんが育て上げ
「売り」にでた。


このての類の本、
どれも似たりよったりで売れない
内容が良くてもぜったい売れないから、

フォレストさんの常套手段
が つかわれたわけです。

そして、ランキング3桁は見事。

なにより、中身は
けっこうぎっしりとつまっている。

ストーリーじたてなのだが、
そこに頼っているわけじゃあないし、
要点がつまっている。

すばらしい!!と感動。
コミュニケーションの専門家の切り口だからおもしろいのね。

だけど、段組、行間、字間
版面(はんづら)
など
もう少し工夫があってもよかったような。。。

288ページの本で
1,575円なら
切り口を少しかえて
2冊にしたらおもしろかったと思う。

そんなことはいってもしょうがないが、

組織の中にいる方なら
ぜひぜひ一読を!!!



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。