出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻冬舎さんの営業展開が始まった:レジ待ちの行列、進むのが早いのはどちらか

レジ待ちの行列、進むのが早いのはどちらか―するどく見抜き、ストレスがなくなる心理術レジ待ちの行列、進むのが早いのはどちらか―するどく見抜き、ストレスがなくなる心理術
(2009/03/20)
内藤 誼人

商品詳細を見る


幻冬舎さんの営業展開が始まった。
出版日は3月20日、いくつかの
大手書店や、つたやさんとかでも
平台展開したり

でも 伸び悩み。



6月の営業展開があたったのです。
6月6日の15時からリスタートが始まったから、
すんなり伸びた感じ。

今日21時でamazon12位だから
大成功。

編集者の戦場・幻冬舎さんだからね。
このくらい売らないとたいへんなのは
理解できます。

して、内容は、、、、、。

Amazon
のコメント操作をしてない会社・作者なので、
レビューをそのまま信じていいでしょう。


幻冬舎さんがんばってください。

こんなわたしですが、すいませんが、一言アドバイスです。
売れてるタレント、あるいは、すでに売れた作品を持つ作家で勝負しないで
顧客をもっていない新人を発掘したほうのが勉強になるし
売れる要素が隠れてます。
常識的な作家じゃ、ダメ。
と、いうことは既存経営者、会計人、とかはダメ。

そのときの注意点、文章力 です。


あとは幻冬舎さんほどの営業力等があればなんでもできるでしょうから。
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。