出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人が本を出版し、成功する方法

にほんブログ村 本ブログへ
「Yahoo、Googleハイジャック」バナー

新人出版し、成功する方法」なーんてミーハーな
タイトルをつけてしまった。

い、や、 じっさい、 
を だしたことがない人は
がでれば、売れてかなりの印税がはいってくると、
思っている。


ところが、どっこい、印税なんてほとんどの場合
数十万円どまり。
2-3か月かけて、書いたのわりにはむくわれない
数字じゃあありませんか?

出版社だって同じ、新人をだしても、
たいてい売れないから
売れるように仕向けていく。本のタイトルを考えて、
内容を修正させ、章だてもサジェスションする。
こんな作業の中で、書き手の側は、たいてい、いやになる。
「オレの書いたものはホントウに本になるのだろうか?」と。

それでも最後までついてきて、そこから出版までの期間が
1-2か月だと、たいてい その本は売れない。

なぜって?
販促計画がないからだ。

ビジネス書の某大手出版社みたいに原稿ができていても
半年以上時間をかける会社もある。

こんなことじゃあ、
新人が本を出版し、成功する方法」というタイトルに
反するわけで。

じゃあ、どうしたらいいのか?
出版社に影響力を持つ
大物販促仕掛け人にコーディネートを
依頼すればイイのです。(もちろん作品がチープじゃ
だめだけどね)
ただし、手数料は印税の4割が相場です。

_____________

ところで、その大物さまが販促にのりだした作品が1作、
この秋、出版決定しました。

その前に、1冊出版を依頼されている企画があるんだけど、
どこの出版社に声かけようか?と考える今日一日です。


企画◎とびぬけてるから、
書かしてから、もちこもうかなー?


スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。