出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出版印税の払われ方

出版印税の払われ方は、まちまち
だけれど、

中小出版社で言えば
保証部数制度をとる会社が多い。

保証部数制度は
最低限何千部かの部数は保証してくれるけれど、
それ以上は契約で、実売数などで支払いがかくてしていくもの。

これにたいして
出版部数分全額印税を払ってくれるところもある。

当然
出版部数分全額印税を払ってくれるところ
にいい企画の本が集まる。

でも、はじめての出版の場合、
これらの出版条件・印税率は
すべて直前までわからない。

自費出版系の会社でないと思われている会社でも
契約で実質自費出版の会社もある。

一般に出版関係者はこのての話をしたがらない。


始めて出版する人は
くれぐれもひっかからないように!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。