出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内容は良い本、タイトルは微妙だがOK、表紙もいいけど・・・。

内容は良い、タイトルは微妙だがOK、表紙もいいけど・・・。
でも
誤解してもらっちゃ困る。

の出来やタイトル、中身でベストセラーがきまるのではない。


庶民はリテラシーとか
フレームワークとか、うわべだけの
かっこいい言葉が使われている
現実では使えないを読むんだよ

断る力なんていいね。
かっこいいよ。じつに。

金融リテラシーで金持ちになるわけでもないのに、
そんなを好むんだ。金持ち父さん
を読んで金持ちになるのではなく、
金持ちが金持ち父さんを読んで
導かれるのだ。

そして
もうひとつ、この世界で
よまないで飾っておかれる
がある。

つまり
本は読むものでは ないのだ。

1Q84とか、
普段文学を読まない人が読むかい?

ガルシアマルケス
サロート、アラン・ロブグリエなーんてまったく
知らない人が読むと思うかい?

1Q84を買った人に
最近読んだ小説は?
と、聞いてみなさい。

どんな答えが返ってくるか?




「お金の毒」な人々「お金の毒」な人々
(2009/07)
お金の毒研究所

商品詳細を見る




にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。