出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内容が平凡な本を5万部売るには・・・。

内容が平凡なでも
5万部は売れる。


実は、
出版社名は書けないけれど
実際このようなことが行われている。

もちろん
タイトル、表紙、章立て、最初の10ページは大切だけれど
あとは平凡でいい。


ただ、
他のと根的に違うところは
ある広告を一定の決まりに従いおこなうことなのだ。

でも、まず言っておくけれど
これをやっても
赤字にはならないが、利益もでない。
そのあと
あるアクションをすることによって出版社利益をだすのだけれど。

じっさいにおこなった結果では2か月で5万部達成。
しかし、逆にそれ以上売ると100%赤字になる。

このような作業をどうして出版社がおこなうか?わかるだろうか?
単独では赤字だが次のアクションでいっきに黒字にできるからなのだ。

でも
出版社の役員さんにこれを説明しても
そこの出版社以外はやろうとしないよ。

このことなんかは
いずれ無料の限定公開のページを
fc2かamebaに作って
公開してみようと思う。2-3か月中にね。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。