出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由と繁栄の弧

自由と繁栄の弧 自由と繁栄の弧
麻生 太郎 (2007/06)
幻冬舎

この商品の詳細を見る


次期総理候補
といっては、早すぎるだろうか?
麻生 太郎氏のこの本、とてもいいと感じる。

政治家なら理想肌もいいだろう、だけど、麻生氏には
それだけにとどまらない物を感じる。

幻冬舎が出してきた仕掛け作品だろう。

幻冬舎も株価を大きく上昇させるためには、ここらで
インパクトが必要だろうし・・・。
なにせ、CBの償還期限が近づいているのだから。
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。