出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おそらく50万部は超えてるだろう、だけど本人は書いてはいない

この、おそらく50万部は超えている
amazonのレビューには百近いコメントがあるし
、初版から何年もたっているのに
Amazon何百位は維持し続けている。

確かに偉大なことをなしえた方で
その功績は大きい。

でも、このに関して言えば
直接人は1行も書いていない

忙しくて書けない・・・というこの方をねじふせ
資料をもらい
編集者がホテルにひきこもり
書いたのだ。

「最初は良いとは思わなかったが
読み進めるうちにそのすばらしさが・・・」

「書かれていることはすばらしくいいです、・・・けれど、
読み終わった後の感動が薄いというか
・・・」

というレビューは
まとをえている。

あとの方のコメントは
どこかで人が書いていないことに
なんとなく
きづいたものだ。

だって編集者
その技術で書いたものなのだから、しょうがない。

こんなふうに、
(テクニックのある方が書けば)

は 誰が 書いたか?
その方の名前で ベストセラーに なる。






にほんブログ村 本ブログへ







スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。