出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い本をていねいに作ってもさして売上げには貢献しない。

ある作家、文章がうまいわけでなく、書いているの内容も
あたりまえのこと。たいしたことない。
の作りは丁寧とは言えない。

もう一人の作家は、マーケティングを丁寧に行い
作り方も、内容も新規性にあふれている。

この表

その2つののサンプルをタイトルをつける前に
大手書店さんの協力の下に事前調査したもの。

GOODの多いほうが良いとなる。

では、
マーケティングを丁寧に行い
作り方も、内容も新規性にあふれている
BOOK A あるいは、BOOK Bの
どちらか?

これの答えは、もちろんAなのだ。

では、どちらの本のほうが売れたか?

答えはこの次に書きます。



良い本、悪い本



にほんブログ村 本ブログへ




21世紀活字文化プロジェクト

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。