出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/8午前零時から突然10位以内にランクイン、前日まで圏外:Amazonランキング10位以内を信じてはいけない。

9/8午前零時から突然10位以内にランクイン、前日まで圏外
このパターンは
8割が動員。

動員は提灯ともいい。
自分で自分の本を買ったり、
あらかじめ集めておいた顧客に資金を与え買わせたり。

9/8午前零時から突然10位以内
というのは、時間まで指定した場合。

これを組織的・意図的にやると自作自演
そうでなければあらかじめ
顧客をもっている出版社の手口

本は本来
中身を見て買うもの。

タイトルや
仕掛けで売れている(売れる本だと)と思い、
つられて買い、ベストセラーができていた。今までは。

だから

だからめちゃくちゃな本が売れていた。


Amazonランキング10位以内を信じてはいけない。




にほんブログ村 本ブログへ




21世紀活字文化プロジェクト

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。