出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝間 和代さんへのアンチテーゼが始まる

いったん売れた類のがでると、それにたいする
アンチテーゼの流行る。

勝間和代さんのがあれだけ売れただけに
そのアンチテーゼの波も来る

今がそうで、
勝間さんのはこれからじょじょに売れなくなっていく。
新刊をだしても。

これがいつもの流れで、これに逆らうことはできない。
もちろん 流行していく人にマスコミは従う。

そこで、そのアンチテーゼのが売れ出した。

両方とも新書

時代は繰りかえす。

幸福の方程式 (ディスカヴァー携書)幸福の方程式 (ディスカヴァー携書)
(2009/09/09)
山田 昌弘電通チームハピネス

商品詳細を見る


しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)
(2009/07)
香山 リカ

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログへ




21世紀活字文化プロジェクト
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。