出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月13日、14日、また10月17日、18日。Amazonランキング、突然上位にくる本

「10月13日、14日、また10月17日、18日。
Amazonランキング、突然上位にくる本」
と、いっても
推定だけれど。

ある方からその情報をいただいたので。
書いておきます。

そのとおりになる?かどうか?わからないが、
著者ご自身がその日にご自分で大量にご購入し、
Amazonアマゾンランキングを1時間だけでも
10位以内にするらしい。

上の図のような売れ行きになるはず。60日推移だと。

そして、あっというまに2日程度で
Amazonレビューで5つ星を連発する計画らしい。


アマゾンキャンペーン
でもやればいいじゃないか?と思うけれど、
この作者の方、**で成功した経験・**で失敗した経験
がない方なので、なんのノウハウもなく
それさえできない。

それでも前作は
この提灯で、
かなり売った(といってもご自分で買ったのも多かったが)


当然
「つられて買う」>
 読者を増やすのが目的だという。

Amazonランキング自作自演 これを「提灯」というのだけれど、
この作戦、多くのそのての著者がおこなっているし
、実は
ヒット作、
ベストセラー書でも行われていた。

なぜ売れたか?タイトルがよかったからと
雑誌などで書かれていたが、
たしかにタイトルには”ひき”があったが
「一般の人にもわかりやすく・・・を紹介した・・・」とある書評は
馬鹿じゃない~!という感じだった。

タイトルのひき以外に
高い評価をする要素はさしてなく、読んでも
くだらないものだったが、

それを買う人は煽りにだまされる。
そもそも本を読まなくなっているからその本がどの位置にあるか
比較しようにも比較できない。新聞・雑誌の評価を
うのみにするしかない。こんなやりかたでも
つられて売れる効果は大きい。
売れる本
内容と違うところで作られる。

駄作もランキング上位に来れば実際に売れてしまうという見本が見れます。

読者が見る目をもつことが大切なのだとつくづく思うのですが・・・。

amaran
で確認してみてください。
はたしてどの本がそうなのか?

Amazonレビューが5つ星だらけで
突然上位に来る本だそうです。






にほんブログ村 本ブログへ



21世紀活字文化プロジェクト
amaran

ブックマーク












スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。