出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amazonアマゾンの返品率が低いわけ:出版社むけの話題

Amazonアマゾンで売れている本でも
通常5~7日以内に発送 とでていることがある。

これだと初版5000で刷って増刷中の例

Amazonアマゾン出版社に聞いてくる
「500冊送ってきたけど、この根拠は?」

かくして、「かくかくしかじかのプロモーションをしたので」と言うと
その「プロモーターがもっている顧客数は?配信数は?」

だから、もしAmazonアマゾンで在庫調整をしている担当で
時間的余裕があって、マーケティングに精通している人がいれば
「どんなことをすれば本が売れるのか?」
ぜんぶわかってしまう。

もちろん
今は 良い本が 売れるわけではないので

ダメな本ダメな作家でもどんな操作で

売れたようにみえるのかがわかるといったほうがいいかも。

だってAmazonアマゾンで1位でも書店では100位にもはいってないのが
多いからね。ゴミみたいな本は。


Amazonアマゾン返品率が低いのは数字を聞き、
入荷数を調整するからだ。

かくして同文舘出版
さんあたりでも

通常5~7日以内に発送

となる




「売りたい営業マン」は訪問するな!―Fax DMでザクザク新規開拓ができる!「売りたい営業マン」は訪問するな!―Fax DMでザクザク新規開拓ができる!
(2009/10/06)
高橋 廣

商品詳細を見る






にほんブログ村 本ブログへ



21世紀活字文化プロジェクト
amaran

ブックマーク












スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。