出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報起業家や、仕事でスゴイ成果があるわけでもない普通の人が出版するにはどうしたらいいと思う?

情報起業家や、仕事スゴイ成果があるわけでもない普通の人が出版するにはどうしたらいいと思う??

と、いうわけで、

「どうしたらいいと思うよ?」

そうだなー、自費出版とか

「それから」

出版プロデューサーに頼むとか

「それから・・・」

すでに 何冊か本をだしている人に頼むとか


そんなもんかね。
、でもその結果どうなるか?
は誰も知らない。

その結果はだいたい見えている。

何かをなしえて、成果を出し、それが他人から認められて
「本を書いてください」と出版社から依頼が来るのよ。普通はね。


コノ図が情報起業家仕事スゴイ成果がない人が出版した場合の
未来予想図。ほぼアタリだから。


じゃあ、情報起業家仕事スゴイ成果がない人が出版するにはどうしたらいいのさ
次回はたぶんこれについて説明ね。


情報起業家、仕事で成果がない人が出版するには





にほんブログ村 本ブログへ



21世紀活字文化プロジェクト
amaran

ブックマーク












スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。