出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい本と売れる本

いい本と売れた本は明らかに違う。

いい本はAmazonでユーズド商品にでても数も少なく、
値段も高いが、
単に売れただけの本はAmazonでユーズド商品にたくさん
それこそ数百でている。

郷 ひろみ氏が幻冬舎から出版した
「ダディ」は初版50万部だったが、
案の定話題とマッチして売れた。

だけど、現在その本は Amazonでユーズド商品に
200を超える数で
ならんでいる。

編集者にとって本ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。