出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こてさきで本を売ろうとしている著者の方々たちは・・・。

ここ数年、出版社の財務状態が悪化する中、
1冊でも多く本を出そうという出版社が増えてきた。

いわゆる自転車操業だけど。

これを著者の側からいわせると別の表現になる。

「昔のが印税多かったよねー」

そんなぐあいだから、
力量のない著者もかなりでてくるようになった。

「著者のくせに、文章 なってないよー」とか
「文が下品!」とか思うこともしばしば、

それでもAmazonを操作して
読者を釣り 売れたようにみせかけ、つられて買う人を助長する著者や
もけっこうみかける。

それでもそんな本が5万部も売れたりするんだから
間違っていると思う。世の中。

なかには、自費出版主体で
Amazon操作で上位に表示させるのが常套の出版社まで。

読者のほうが学習すべきなのだと感じる。つよくね。





にほんブログ村 本ブログへ



21世紀活字文化プロジェクト
amaran

ブックマーク












スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。