出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出版社にとって”新人”の意味

を書いて有名になろう」なんていう類の
を読むと、ビジネス書を書いたら、
ビジネス書に強い出版社に送ろう
・・・なんて書いてある。

そして、それを信じて出版社を決めたとすれば
「100%、そのは、ひのめを見ない」

新人には別のやりかたがある。

ビジネス書だったら、ダイヤモンド社?
やわらか系のビジネス書だったら、フォレスト出版

しかし、そこにもちこんだとしても
その出版社のやりかたに翻弄される。

さらに悪いことに出版社は作者を翻弄していることに
きづいていない。

新人なら、作りを一から学べる出版社がいいと思う。
そして、出版社への売り込みは決して得策ではない。
編集者にしてみれば
「売り込み=駄作」というイメージが定着している。

当に売れそうなを書ける新人なら、
ブログを続けていれば、本物であればかなりの確率で
出版社からお声がかかる。

げんにガブは少ないけれど何人かの新人
ブログから声がかかり、
出版社につながっているのを知っている。

そして、基本は専門知識だけではだめということ。
新人ならもとからふぁんがつきやすい
キャラクターがなければ!

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。