出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本の企画の練り方

を書く人が「こんなかんじのを書こう」なんて企画
するケースは少なくなっている。

たぶん、ダイヤモンド社さんとか、講談社さんとか
大手になればなるほど、編集の方が企画
作者をわりふったり、

なかには章立て、キャラ作り、切り口・・・つまり
の文章以外すべてを編集者がとりしきったり、

もっとひどいのになると、その出版のために
作者がまったく文章を書かなかったりするものもある。

つまり、”編集者がカンヅメ”になるのだ。

そして、このてのベストセラーになる。

新人受難の時代なのです。
でも、新人を発掘する方法はあるし、その手段もある。

新人は安易に出版社へ持ち込みなどせずに、
それらの方法に従ったほうがよい。

で、どんな方法?
それは次回。




スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。