出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリリングでおもしろいこの2冊

しばらくぶりにおもしろいスリリングな本だった。

副島さんの本は読みやすい。
わかるように感じるといったほうがいいかもしれない。


そして、
フリードマンの「100年予測」
は興味深い。
もちろん地政学だけで予測できるわけないだろうから
期待しないで読んだがおもしろかった。
楽しませてくれたといったほうがいいかもしれない。

本の内容、書かれていることはたぶん半分も当たらないだろうけれど
エンターテイメントとして読むなら「100年予測」はおもしろかった。


ドル亡き後の世界ドル亡き後の世界
(2009/10/30)
副島 隆彦

商品詳細を見る



100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図
(2009/10/09)
ジョージ フリードマンGeorge Friedman

商品詳細を見る



にほんブログ村 本ブログへ



21世紀活字文化プロジェクト
amaran

ブックマーク







スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。