出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amazonランキング操作をしても、実際はこうなる

Amazonランキング操作をしても、実際はこうなる
というお話

実際にAmazonランキング操作をAmazonキャンペーン
Amazonランキング操作をしても、実際はこうなる話をもちかけて
行ったとしよう。

そうすると
Amazon1位とかになる。

でも数日1位が続いたとしても
千部がいいところ。

ある程度中身が良いと思わせる本でないと
やはり売れない。

Amazonカスタマーレビューに神経質になる
著者がいたりして、

星★1つのレビューにコメントでくいついたり
「星1つの酷評がありますが、私は楽しく読めました・・・」
などと弁解しても
わかってしまうもの。

最近では情報起業家仲良し褒めあいグループ
が身を潜め
偽装とわかりづらい手口で
上位ランキング維持をくりかえす方もいるけど
大丈夫、ガブがずっとwatchしているから。
もし手口をばらすなら

ぜーんぶばらせるしね。

でも
切り札は見せないほうがいいよね。

偽装良い本著作者とそれをえさに
稼いでいるみなさん。




にほんブログ村 本ブログへ



21世紀活字文化プロジェクト
amaran

ブックマーク







スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。