出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネス書大賞2010 『ブラック・スワン』が受賞

18日、最も優れたビジネス書を表彰する
『ビジネス書大賞 Biz-Tai 2010』受賞作品を発表したという。

大賞は、ナシーム・ニコラス・タレブ著の
ブラック・スワン―不確実性とリスクの本質』(ダイヤモンド社刊)

Amazon6月22日16位、以降けっこう売れた本だ。
300位以内に9月まで
はいっていた、3刷計9万部は知っていたから
15万部はいってるかもしれない。

いや、ダイヤモンド社さんのことだ、

林聡さんで30万部いかせたんだから、それ以上いってるかもしれない。

でもこの本の受賞。

勉強と言う宗教洗脳ですこやかに育った
金銭的にめぐまれた知識層が決めたことだ。


読者と言うカモになりやすい
そのレベルの方々を集めるために
一般投票に「ツイッター」を
つかったし。
ビジネス書大賞の◎◎賞にはもちろん
協賛の出版社からでた作品が羅列。

これもまたカモ洗脳のための
隠れた宣伝。

正規分布、ガウス、フレームワーク、ケーススタディ
公式、思考法、マインドマップ、不確実性、リスク、効率


勉強することによって先端をいってるつもりでも
それによって
あなたたちは標準化・規格化されていっつている
ことを
忘れてはいけません。

ねっ、高学歴の高収入の恵まれた環境に育った
簡単に騙される カモさんたち。


あっ
いけねぇ
カモじゃなくてスワンの話だったね



ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質
(2009/06/19)
ナシーム・ニコラス・タレブ

商品詳細を見る


ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質
(2009/06/19)
ナシーム・ニコラス・タレブ

商品詳細を見る





にほんブログ村 本ブログへ



21世紀活字文化プロジェクト
amaran

ブックマーク







スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。