出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

著者作者さん、ネットの書評はどんどんカネで買いましょう、あっ、もう買っているか?売れている方は:出版戦略

著者作者さん、ネットの書評
どんどんカネで買いましょう、
あっ、もう買っているか?
売れている方は:出版戦略


しかし、よくこんなくだらない本が
Amazonアマゾンランキング上位に来るな?!
と思うことありません?

Amazonアマゾンカスタマーレビューの
星★5つばかりなら
完全偽装と誰の目にもわかるけれど、


あの有名ブログ、あの著名人ブログでも
べたほめの書評だとつい買ってしまう。

これが 出版戦略なのよ


なんでこんなブログがブログのランキング1位なの?
とか思うようなサイトの書評じゃ信頼しないけれど、
(どっちみちそのランキングも偽装だしね)

ちょっとしたネット有名人のブログ
はてな利用者でかつ偽装者の書評って信じちゃうでしょう?

でもそれらも多くは偽装。
今のうちだよ高値がつくのは。。。。。
偽装とわかっちゃ値崩れするからね


まっ
それも
出版戦略
か?!


____

出版戦略
ネットの書評でとりあげられる本も
Amazonアマゾンランキング上位の本や知名度のある
作家の本だけ。しかも今や書評カネで取引されている。
どうせ本の価値など読めないのなら
戦略で売ってしまいましょう。売れる本を戦略で!
ということで、不正・煽り、なんでもありの出版戦略
なるもので、いったい何が行われているのか?を教えます

_____


にほんブログ村 本ブログへ



21世紀活字文化プロジェクト
本好き同士のつながりをひたすら追い求める本魂!

amaran

ブックマーク








出版戦略セミナー!
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。