出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想以上に売れてしまいリアル書店在庫も少ない素晴らしく良く出来たこの本

しばらくぶりに良く出来た本、
集中させられ
読みふけってしまう本に出会った。


しかもこの本、マーケティングの本ときている。

ただ、よくできているのは前半3分の2で、
残りの部分は、作られたもので正直引き込まれるほど内容ではなかった。

じつに的を得ている。
多くのマーケティングの本は、
くだらないものが多いけれど
この本は素晴らしい(前半3分の2は!)


ただ、Amazonのランキングは300位以内に一度もはいっていない。
良い本は売れないからしょうがないのだけれど、
リアル書店の販売数は立派!

Amazonランキングは数百位をキープしていたが、先週amazonの販売停止
今週再開となっている。
当然 売っていないことによって落ち込んだランキング
戻すことができない。

ぜひ読んでみてほしい。
引きずり込まれる内容の良い本を
!!!


「自分ごと」だと人は動く「自分ごと」だと人は動く
(2009/11/28)
博報堂DYグループエンゲージメント研究会

商品詳細を見る






にほんブログ村 本ブログへ



21世紀活字文化プロジェクト
本好き同士のつながりをひたすら追い求める本魂!

amaran

ブックマーク








出版戦略セミナー!



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。