出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知っていますか?年に8冊以上も本を出すビジネス系書籍の作家さんは本など書いていないことを!!

知っていますか?
年に8冊以上も本を出すビジネス書 自己啓発書作家さんは
本など書いていないことを!!


もっとも例外もいるかもしれないが

その方は 中身のない本を書ける方。

知らないでしょうね~、

どっちもどっちだね。

そりゃ、年に8冊なんて絶対ムリ
そんな作家いるの?

といわれてもしょうがないのですが、

現実にいます!!

だって担当していた方がそうでしたから。


もちろん文章はうまくないし、
ヨーク読めば他の人が書いているとわかってしまう。

最近じゃ、コノ手の代筆家を
ネット上のブログへの書き込みしてくるファンから選び、
うまく利益を分け合う例も!

もちろん読者はあの作家が書いたのだからと
かうけれど、中身は代筆者が書いている。

もっとも

最後にはチェックをするから
わからなくなるんだけどね!!!

ただしこのての多筆の代行雇いの作家さん
常識的な内容の本しか代筆できないので
その本自体はたいした本じゃないことが多い。

ということは

売れている本売れる本)を探せば
その作家、誰だかわかるね、きっと。



にほんブログ村 本ブログへ



21世紀活字文化プロジェクト
本好き同士のつながりをひたすら追い求める本魂!

amaran

ブックマーク








出版戦略セミナー!



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。