出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説は「出だし」でわかってしまう。「すべてが」とは言わないが。。。

小説は「出だし」でわかってしまう。「すべてが」とは言わないが。。
。。。

山田 悠介 氏の
「オール」
とアルベールカミュ
を比べることは
まともな人ならしないだろうし、(失礼しました)。

海堂 尊氏を読んだことが
ある人なら
この人
には文学は書けないだろうと
感じるだろう(失礼しました)。


意外と評価されないが
素晴らしい小説家がいる。


その人

佐藤友哉氏の本は

世界の終わりの終わり世界の終わりの終わり
(2007/09)
佐藤 友哉

商品詳細を見る

を読んでから好きになった。

この小説家村上春樹さんの位置にいても
おかしくない。

ぜひ読んでほしい。

ちなみに
数日前に読んだこの本もよかった。

1000の小説とバックベアード (新潮文庫)1000の小説とバックベアード (新潮文庫)
(2009/12/24)
佐藤 友哉

商品詳細を見る



にほんブログ村 本ブログへ



21世紀活字文化プロジェクト
本好き同士のつながりをひたすら追い求める本魂!

amaran

ブックマーク




スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。