出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

amazonアマゾンランキング操作がおこなわれている本をAMAZONアマゾンランキング推移から読み解く。

amazonアマゾンランキング操作がおこなわれている本
をAMAZONアマゾンランキング推移から読み解く。

下の3つの図画がそれ


ある本のAMAZONアマゾンランキング推移
なんだけれど
これ2月28日を起点として
上から
過去10日、60日、120日
でアマランをキャプチャーしたもの


異常に
気づくでしょう?

過去120日の画像
3つ目なんだけれど。



ぜんぜん売れない期間何十日もあるのにまた突然
売れ出す。
テレビ出演なら
このパターンじゃないことは
おわかりですね?

これ、まさに操作。
出版戦略というのかな。

申し訳ないが、Amazonのカスタマーレビューの操作されていない
コメントに同感させられる内容の本だから、


みごとに読者を操作している。

どうせ読者は本は読めるが
本の本当の価値を読めるわけじゃないから
その操作にひっかけられる。


本来こんなに売れないはずの本が
みごとにえさに釣られた読者によって売れてしまう。
売れる本のできあがり


じゃあ、そのフッカーは?というの聞きたい?

いったい裏では何がおこなわれているのか?
わかります?

出版社の編集はおろか営業、はたまた経営陣でも
わかってないものなのです。

それは今度ね


amazonでのこの本の売れ方
amazonでのこの本の売れ方2
amazonでのこの本の売れ方3


にほんブログ村 本ブログへ



21世紀活字文化プロジェクト
本好き同士のつながりをひたすら追い求める本魂!

amaran

ブックマーク












スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。