出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amazonではそうでもないが、リアル書店では売れているこのライター必読の本

Amazonではそうでもないが、リアル書店では売れているこのライター必読の本
と書いたが、

ちょっとばかりこの作者を知っている人には
毒がありすぎるかもしれない。
PSをやったことがないけれど、
Youtubeで見る限り、
この方の作品「リンダキューブ」は
アメリカの恐怖サスペンススリラー+狂気ぽく、
たぶん天才なんだろうな?と思えてくる。

今、ビジネス書でも自己啓発書でもライフハック関係の本でも
シナリオという概念が求められている。

話を作るのが駄目なビジネス書作家さんは
どこまで行っても駄目なんだ!!!

わかっている?

マスコミによって作られている 今売れている 一部の
くだらない本しか書けない ビジネス書作家の皆さん


知識ではなくそれをストーリー化できるかどうか?
が大切。

だからといって

なにも

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る





女子高生ちえの社長日記―これが、カイシャ!?女子高生ちえの社長日記―これが、カイシャ!?
(2007/06/22)
甲斐莊 正晃

商品詳細を見る


のようなストーリー仕立ての本を書けばいいというもんじゃないよ。



というわけで
今回は天才の書いたこの一書を紹介。

ストーリー
という視点にたつとおもしろく読める。


少し
いや、
かなり
過激だけれど


ゲームデザイン脳 ―桝田省治の発想とワザ― (ThinkMap)ゲームデザイン脳 ―桝田省治の発想とワザ― (ThinkMap)
(2010/03/12)
桝田 省治

商品詳細を見る




にほんブログ村 本ブログへ





21世紀活字文化プロジェクト

本好き同士のつながりをひたすら追い求める本魂!


日銀がお札を刷ると「儲かる」のか?

ようこそ。Google Maps 活用講座へ。api


amaran

ブックマーク


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。