出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

amazonでなくリアル書店で売れるこの本

ゲームデザイン脳


amazonでなくリアル書店で売れるこの本

といえば、ゲームデザイン脳 ―桝田省治の発想とワザ― (ThinkMap)
という本があげられる。
Amaran↑の図 で ここのところの売り上げ
キャプチャーを 見ても
Amazonでも売れているが、

リアル書店ではもっとすごい。

なぜAMAZONアマゾンでそれほど売れていないか?というと
こにお作家がamazonで仕掛けをしていないからだ。

いまやAmazonは巨大な仕掛けの戦場となっている。

売れる本とは
本来こういうものだ。

ゲームデザイン脳 ―桝田省治の発想とワザ― (ThinkMap)ゲームデザイン脳 ―桝田省治の発想とワザ― (ThinkMap)
(2010/03/12)
桝田 省治

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログへ





21世紀活字文化プロジェクト

本好き同士のつながりをひたすら追い求める本魂!


日銀がお札を刷ると「儲かる」のか?

ようこそ。Google Maps 活用講座へ。api

企業再生.com



amaran

ブックマーク


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。