出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍で出版社の半分はいなくなる

「日本電子書籍出版社協会」発足、出版31社が参加し規格など検討
電子書籍出版社協会、講談社などが設立

など
日本でも電子書籍に関する動きがでてくるようになってきた。

もともと
編集者の多くは本と電子書籍は分野が違うものと思っている。

でも、本 書籍というものの本質を考えると
電子書籍の未来は紙媒体の本・書籍を駆逐する。

しかも、電子書籍のほうが
出版社も作者も儲かる。

もしかすると取次は不要になるから
ここら辺も倒産するかもしれないが・・・。

最終的にはかねでビジネスがどうなるかが誘導されていくだろう。

まちがいなくいえることは、
電子書籍で出版社の半分はいなくなる
ということだろうか。


もっとも
Amazon アマゾンは生き残るね
書店でなくて、マーケティングツールだから。


にほんブログ村 本ブログへ





21世紀活字文化プロジェクト

本好き同士のつながりをひたすら追い求める本魂!


ランキングの時間変化の解析 - (非理系の)作家先生のための説明

アマゾンの謎 ~その3 カスタマーレビューを鵜呑みにするな!

企業再生.com

ブクログ - web本棚サービス


amaran

ブックマーク













スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。