出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この本が面白い!!「中国人の世界乗っ取り計画」

この本が確かに面白い!

しかも出版社はあの中国ともめた記者がいる
産経新聞社。(中国政府の一方的嫌がらせ)

文章も読みやすい。
卓状の空論でもない。


世界各国でおこっている中国化現象がここから読み取れる。

道路に平気でつばを吐き、
人の会社の前にたむろして携帯で大声で中国語を話し、
電車には並ばないで人をおしのけてはっていく。

そんな、
すばらしいほど礼儀正しい中国人の方々のことが
書いてある。

上に書いたことはじっさい毎日のように出勤途中で目にしていること。
どうして中国人とわかるか?
中国語で話しているからだ。
中国語を話すのが中国人ではない!あなたの考えは間違っている。

いや
こんな議論が大好きな中国のすばらしきかたがた

よい本だと思う。
売れているね

中国人の世界乗っ取り計画中国人の世界乗っ取り計画
(2010/04/08)
河添恵子

商品詳細を見る




にほんブログ村 本ブログへ





21世紀活字文化プロジェクト

87万部売れてもビンボーな理由&出版流通のしくみ

文芸賞データonline
作家でご飯!執筆の基礎

amaran

ブックマーク













スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。