出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東大生が」という言葉をつけるかつけないかで 売上げは違う

「東大生が・・・」という言葉をつけるかつけないかで売上げは違う

あるいは「東大で教えた・・・」や「東大生がやっている・・・」でもいい。

でも
そういう言葉をつけたがために、
「だまされた」とか「売らんかなのタイトル」などと
Amazonアマゾンカスタマーレビューに書かれてしまう。

それがいやなら
タイトルにあった内容の本を書くことだ。

でも
それができないのが現実。なにせタイトルは
最後に決まるし、、、。売れる本をつくらにゃならんし・・・。


でも
この本はことのほか良い内容。

一読されたいです。


東大生が考えた魔法の算数ノート なっとQ~東大生が考えた魔法の算数ノート なっとQ~
(2010/09/01)
太田 あや

商品詳細を見る


_20101018送料無料_
東大生が考えた魔法の算数ノートなっとQ~

東大生が考えた魔法の算数ノートなっとQ~

価格:1,050円(税込、送料別)


_20101018送料無料_


Androidでガラパゴスじゃない電子書籍を作ってみました

にほんブログ村 本ブログへ





21世紀活字文化プロジェクト/『篤姫』脚本家 田渕 久美子さんの講演に300人ご招待

売れるコンサルティング・セールスへの5つの道:取引を成約に結び付ける“ORDER”モデルとは




amaran

ブックマーク












スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。