出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よくできている。しかも誠実。初心者向け不動産投資の本

よくできている。
しかも誠実。初心者向け不動産投資の本

まず適正があるか?からはいる不動産投資
ここらへんは良識を感じる。
だって向かない人は、これで儲かることはありえないどころか、
人生おしまいになる。

ガブも利用したことがないけれど
名前は知っていて使えるんだー!と思える
意外な金融機関名もちゃんとでている。


リスクとチャンス

そして

極上物件の見抜き方

こういう書き方はていねいな仕事だと思う。

あおるだけあおる不動産投資本が多いだけに
ちょっとうれしくなった。


不動産投資「やっていい人、悪い人」──年収200万円時代に備える (講談社プラスアルファ新書)不動産投資「やっていい人、悪い人」──年収200万円時代に備える (講談社プラスアルファ新書)
(2010/05/21)
長嶋 修

商品詳細を見る


_20100820送料無料_
不動産投資「やっていい人、悪い人」

不動産投資「やっていい人、悪い人」

価格:880円(税込、送料別)


_20100820送料無料_



にほんブログ村 本ブログへ





21世紀活字文化プロジェクト/第18回「読書は遊びである~恋愛小説編」

恐ろしいのは円高でもデフレでもない

住宅ローンの組み方で幸せも不幸も決まる

不動産投資はエリアが大切!!

会社が倒産したとき、社長の個人資産はどうなるのか?



この本の現在表示中のランキング推移
amaran

ブックマーク












スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。