出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売れる本とは?今メチャ売れている 経済 投資 本は?

売れる本とは?今メチャ売れている 経済 投資 本は?
という問いからはじめよう。

本のタイトルは「2011年 本当の危機が始まる!」

作者は朝倉慶さん。

本のタイトル、章立て
煽り、表紙、すべていい。

発売時期もよい。

売れるわけだ。といっても
世に言われている常識が書かれている

デフォルト、ハイパーインフレ、いや実に経済は暗い。

ハイパーインフレでは金ゴールドでさえも役に立たないと書いていた
別の本があったがそんなことはない。

ソ連崩壊、ロシア危機のあとに復活してきた人たちは
どんな資産をもっていたか?

と、ロシア危機経験者の某作家さんは言っていた。

ところで、この本

けっこう面白く読めた。

ただ欲を言えば
第7章 ハイパー・インフレ時代の資産防衛法
・資産防衛

には厚みが欲しい。

11月に出た本なのに
本屋さんに行っても在庫少ないです。
ちなみにAmazonは 現在 この時点では 在庫なし

2011年 本当の危機が始まる!2011年 本当の危機が始まる!
(2010/11/12)
朝倉 慶

商品詳細を見る






21世紀活字文化プロジェクト/第18回「読書は遊びである~恋愛小説編」

大幅にバージョンアップ!!■感動のアメブロアクセスアップツール【あめぽん】
にほんブログ村 本ブログへ



amaran

ブックマーク














スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。