出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

amazonアマゾンカスタマーレビューや、ブログまわりは操作されている

amazonアマゾンカスタマーレビューやブログまわりは操作されている。

とは
いっても一部の出版社や作者によってだが・・・。

最近
(とは、いってもここ1週間の間のことだ)

Amazonアマゾンで、
ある本がランキング1位になった。

ところがその本
、そのすじでは
自費出版で有名な出版社から出されていて、
今回は
一般の本屋にはほとんどない本なのだ。

もちろん、カスタマーレビューもついている。

★5つ のみの
カスタマーレビュー

しかもだ。
このカスタマーレビュー

読めばわかるけれど
めちゃくちゃウソに満ちている。

この著者はいつも
カスタマーレビューが自作自演であることを
そのカスタマレビューの内容から
わからせてしまう。

あまりに
わかりやすい
自作自演なんで、きゃぷをとっておいた。
(もちろんここにはださないけれど)

読者と言うカモもかなり釣れたようだけれど
もうそろそろやめたほうがよい。

騙す技術も才能も、かなり足りない、この著者は。



21世紀活字文化プロジェクト/第18回「読書は遊びである~恋愛小説編」

にほんブログ村 本ブログへ



amaran

ブックマーク














スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。