出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売れる本にするためにはアマゾンランキングをYahoo!を こう 利用する

1年前に出版された本が突然売れ出した。

もちろん クチコミとかでもないし、広告とかでもない。

出版後1年間Amazonアマゾンランキング百位以内に
はいったこともなかったのに(300位以内はあり 下図)
ほーら 今 現在45位 ↓図

嫌消費


[嫌消費]

どうしてか?
といううと
これが かんたん。

ダイヤモンド・オンライン 12月8日(水)8時30分配信
消費を悪と考える「嫌消費」世代が市場で台頭!景気を低迷させかねない“買わない心理”とは


ダイヤモンド・オンライン【第20回】 2010年12月8日
消費を悪と考える「嫌消費」世代が市場で台頭!景気を低迷させかねない“買わない心理”とは

そう雑誌のオンラインサイトに掲載し、それがYahooニュースに!というパターン。
ヤフーの力は大きい。
と、いうより ニュースサイトの影響力はきわめて大きい

書店でずっと平積しているのより効果てきめん

これからはニュースサイトの攻略を考えなくてはね。

おっと この本の紹介をするのを忘れていた


「嫌消費」世代の研究――経済を揺るがす「欲しがらない」若者たち「嫌消費」世代の研究――経済を揺るがす「欲しがらない」若者たち
(2009/11/13)
松田 久一

商品詳細を見る


今日現在Amazonアマゾンランキング推移は ここで
21世紀活字文化プロジェクト/第18回「読書は遊びである~恋愛小説編」

にほんブログ村 本ブログへ



amaran

ブックマーク














スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。