出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この本が売れ始めた。フランス人がAKBを知ることになるわけ

はじめは失礼ながら「売れないかな~」と思ってた。

学者先生の書いた本なのに
大衆迎合もいいところ。

たしかに読みやすい内容。
つかみなんか 庶民受けのネタだし
ご専門の経済学とは少し外れるコミュニケーションとかの部分のが
おもしろく読める。
それで これ 今日アタリから売れ始めた。
Amazonアマゾンもリアル書店も。

リアル書店、棚 と積みかたもいいしね

もっとも内容は 賛否両論だね

でも
この間、AKB48の指原・北原がパリの街をAKBのコスで歩いていると
パリジャンがよってきていっしょに写真をとったりしている
テレビ映像が流されていて、

WHY?思った謎が解けた。

なぜ、フランス人が AKBを知ってるの?


でもこの本で理解。

Youtubeをつうじてパリジャンは
AKBを知るのだよ。

まさに コミュニケーションだね。

パリジャンが 日本のコスプレとかアニメとかカワイイのキーワード
をとうしてAKBという情報にたどりつく。
なんてキュート。
エクセレント。

レディーガガなんかの大人のビジネス ショーとは違う
オタク文化がそこに!

というわけで
情報はそこにそっと おいておくとありのように
キーワードfilterをつうじて
消費者がむれてくる・・・というわけ。
(なにかの本に書いてあったぞ?!)
ちなみにコレに関連してここもどうぞ
AKB48とユニクロを結び付ける金子勝の馬鹿さ加減

AKB48の経済学AKB48の経済学
(2010/12/07)
田中秀臣

商品詳細を見る




GIGAZINE10周年記念書籍「未来への暴言」、本日より発売開始

Twitterのリストを簡単にRSSにする方法

明暗を分けたのは“経歴”ではなかった内定取れない「すごい学生」、取れる「普通の学生」!

web R25 > サラリーマン課題図書!

web R25 > IT・サイエンス > スマホ・アプリ自作&販売に挑戦!!
ネットにおけるFREE戦略で広告収入とかで収益を上げようなんて案は即不採用です
21世紀活字文化プロジェクト/第18回「読書は遊びである~恋愛小説編」

にほんブログ村 本ブログへ



amaran

ブックマーク












スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。