出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amazonアマゾンランキングを不正に、いや、仕掛けでつりあげカモを釣るこの本

Amazonアマゾンランキングを不正に、
いや、仕掛けでつりあげカモを釣るこの本
といっても、厳密に言えば不正じゃない。

ずっとAmazonアマゾンランキング100位以内維持と
上位にきているけれど、
もちろん他の書店ではまったく売れていない。
100位以内なんてぜんぜんない。

どんな仕掛けか?、出版社は知りたいでしょうが
知らなくていいと思う。

そんなこと聞いてどうする?

売れる本をだしたい?そこまでして?

この方法はきわめて戦略的

「売れているからいい本なのだろう」と騙された読者に
買わせるこのやりかたはうまい。

でも、2つの理由でこれが仕掛けであることがわかる。

1つはパブラインや他の書店のランキングに登場しないこと

もうひとつは

このランキングの動き

Amazonアマゾンランキングを不正に、いや、仕掛けでつりあげカモを釣るこの本
 
えっ?

本のタイトルと仕掛けを教えろ!って、
そんなことできないよね。皆さん



ラノベ編集者だけどもうやめたい - ライブドアブログ
就活のミスマッチをもたらす「日本的雇用慣行」という幻想
Twitterのリストを簡単にRSSにする方法

わかったつもりになっていませんか:「ビジネスモデル」とはなんだろう?
ネットにおけるFREE戦略で広告収入とかで収益を上げようなんて案は即不採用です
21世紀活字文化プロジェクト/第18回「読書は遊びである~恋愛小説編」

にほんブログ村 本ブログへ



amaran

ブックマーク












スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。