出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人を見る目がない人、、、たぶん植木理恵さんのターニングポイント的作品

人を見る目がない人―なぜ人は人を見誤るのか? (セオリーBOOKS)人を見る目がない人―なぜ人は人を見誤るのか? (セオリーBOOKS)
(2008/04)
植木 理恵

商品詳細を見る


「人を見る目がない人」は、たぶん植木理恵さんの
ターニングポイント的作品だと思う。

講談社から出た本だが、この本はあきらかに
「売る」ことを前提に書かれて心理の本だ。

確かにいい内容だ。

植木理恵さんが本気で「売る」ことと向き合ったというのが
本からわかる。

ビジネス系や心理系、自己啓発系の作家でさえ
ダメなのは 文体なのだけれど、
それでもこの本は、多少だが、
そこを意識して書かれている。

しかし4月に出た本だけど、書店対策はこれからなのだろうか?
近くの大手書店に行ってみてそう思った。


一読してみてください。
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。