出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文学賞下読みの方と飲みに行った

文学賞下読みの方と飲みに行った
とはいっても、彼は下読みを仕事にしているわけではない。

もちろん本題は 下読み。

いかに同じ種類の作品が多いか!?

なぜほとんどが私小説なのか

筋が予想できてしまうものばかりなのはどうしてよ

つまらない。

つまらなくても 文章感覚や構成+その組み立て方
で救っている現状

、、、などなど話が出た。

もちろん酒のいきおい。

求められている作品は違うのよ

文学自体、小説自体をくつがえしてほしいのよ」で締めとなったが
帰り際に彼の言った言葉が
むなしく響いた。

「まぁ、期待するだけ無駄か」

・・・

とは、いいつつも
よき文学作品、散文には出会いたい。

これらを読んでから応募したほうが良いと思う。


新・それでも作家になりたい人のためのブックガイド新・それでも作家になりたい人のためのブックガイド
(2004/10)
スガ 秀実、渡部 直己 他

商品詳細を見る



大災害でご両親を亡くした子どもたちの保険金請求がとても困難です
原発廃棄物の無害化には10万年かかる! その処理問題を問う問題作をニコ動で配信
無料で使える便利ツール

「おもしろい書評」を書くために必要な7つの知識
21世紀活字文化プロジェクト/第18回「読書は遊びである~恋愛小説編」

にほんブログ村 本ブログへ



amaran

ブックマーク












スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。