出版:ガブのホントは教えたくない売れる”本”の秘密

活字離れのこの世の中、少女マンガは売れるけれど、出版業界は売れない時代。本をだしても採算が!!「売れる本」ってなんなんだろう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「プリンセストヨトミ」よりも「鹿男あをによし」

今、映画で話題の「プリンセストヨトミ」よりも「鹿男あをによし
のほうが良く書けている。

短期間とはいえ
奈良の女子高に赴任する若き主人公は
夏目漱石の「坊ちゃん」

意識して書いたものがたりと思う。

これが、どうして面白い。


あをによし、、、という言葉につづくのは
奈良に決まっているけれど、
そこで展開される月ごとの物語は
興味をひきつける。

これは純文学ではないし
深刻な話でもない。

でも、
一度は読むことをおすすめする。

ぜひ

【送料無料】鹿男あをによし

【送料無料】鹿男あをによし
価格:720円(税込、送料別)







日本文化との出逢いが僕の人生を変えた理由
プロローグ的な構成の「スーパーエイト」特別映像を入手 - Ameba News [アメーバニュース]
21世紀活字文化プロジェクト/第18回「読書は遊びである~恋愛小説編」

にほんブログ村 本ブログへ



amaran

ブックマーク












スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。